利き脳タイプによる役割分担

4つの利き脳タイプによって得意な役割というものも存在します。

ただ、『私は○○タイプだからこの役割は無理』と決めつけるモノではありません。

あくまで、思考の傾向によっての得意、不得意の話しであって他の役割もスキルとして習得することが可能ですしそれが得意にもなります。

ただ、その役え有賀そもそも特異なタイプより習得には時間はかかります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。