利き脳で制するプレゼンテーション

書き方はサイモンシネックのゴールデンサークルに基づくWhy→How→Whatを基本に今の時代に合わせた先にベネフィットを明確にする What→Why→How→What の4部構成。

簡単に言うとStoryタイプのインプット右脳・アウトプット左脳タイプに向けての資料作り。

ただ、プレゼンテーションの場では決裁権を持っている人に合わせたプレゼンテーション(伝え方)が必要になる。

具体的には・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。