マーケティング思考での商品開発の弊害

企業(法人)における商品開発では有効的な手段

理由はその商品(サービス)を扱うのが一人ではないというコト。

というコトはその商品(サービス)を提供する時の責任を分担して背負い役割分担ができる強味がある

一方、ひとり起業やこれから副業でなにか始めようとする場合はこれらの責任を全て自分一人で背負うコトになる

そうなると。無理が生じ、最悪『自分には無理』という判断をしかねない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。