実績

『戦略的ブランド・デザイン』に
取り組まれたクライアントの実績と
得るコトが出来た【成果】や経緯

ただいま製作中

一般的に扱われる『ブランディング』とは違う『戦略的ブランドデザイン』というブランディングの考え方。

一般的な認識として「ブランディングってよく解らない。」「難しそう。」とか「重要なのはわかるけど実際に何をどうすれば良いのか解らない。」と感じられているのが現実ではないでしょうか。コンサルタントを雇い入れブランディングに取り組んだが何も変わらなかったと言うご相談を受けることもあります。これは全てマーケティングの一環としてブランディングを捉えブランドを設計する工程を踏まずに市場が求めているであろうブランドを強引に作ろうとしたことが原因ではないかと考えます。マーケティングの一環としてのブランディングが上手くいかない原因前提条件にあり、そもそもマーケティングはより多く時間・労力・お金をかければ確実に成果は出るという特性を持っています。

というコトは『より資金力があるライバルには量や数と言う側面では勝ちを望めない』というコトになる。予算も労力(=時間)も保有しているリーディングカンパニーと呼ばれる業界最大手や先行競合の様な事業として成長できないというコトになるのか?どうすれば後発や零細・中小が事業を成長させる事ができるのか?その答えの一つとして自社の商品やサービスのブランドを明確にしそれらを扱う人財を育てマーケティングやセールスの質や率を向上に取り組むことが最善解になります。そのためのロジックや知識・メソッドを体系化した戦略的ブランドデザインに取り組むのが一つの解決策だと考えます。

戦略的ブランド・デザインBLOG

  • 『利き脳診断』活用法

    『利き脳診断』とは 一般的には性格診断やそれに基づく【収納方法】で知られることが多いです。 確かにその人によっての思考の傾向やモノゴトの捉え方の違いによって適切な【収納術】や【片付け方法】などを導き出すのは理にかなってる […]

  • 利き脳タイプによる役割分担

    4つの利き脳タイプによって得意な役割というものも存在します。 ただ、『私は○○タイプだからこの役割は無理』と決めつけるモノではありません。 あくまで、思考の傾向によっての得意、不得意の話しであって他の役割もスキルとして習 […]

  • 2方向のブランディング

    一般的に認識されるのがいわゆる外部ブランディング『採用ブランディング』も外部ブランディングにあたる。 一方、外部ブランディングに対して内部ブランディングというものが確実に存在する。 採用人事が上手くいかない、セールスの率 […]

  • マーケティング思考での商品開発の弊害

    企業(法人)における商品開発では有効的な手段 理由はその商品(サービス)を扱うのが一人ではないというコト。 というコトはその商品(サービス)を提供する時の責任を分担して背負い役割分担ができる強味がある 一方、ひとり起業や […]

  • 利き脳で制するプレゼンテーション

    書き方はサイモンシネックのゴールデンサークルに基づくWhy→How→Whatを基本に今の時代に合わせた先にベネフィットを明確にする What→Why→How→What の4部構成。 簡単に言うとStoryタイプのインプッ […]

  • ブランディング失敗の原因は前提の違い

    そもそも、モノの売り買いが始まった時のプロセスは 必要な人がいて、必要なモノを持ってる人がいてセールスするというコトで成立しました。 しかし売る側のヒトからするとより多く売りたい!と言う思いからマーケティングをして欲しい […]